香川に新オープン!四国水族館の魅力

M四国 香川県に2020年3月にオープンした
「四国水族館」

四国水族館の魅力をご紹介♪

四国水族館は、四方を水に囲まれた四国の豊かな水源を再現した四国ならではの水族館です!
その内容をしれば四国ならではの水族館であることは納得できます♪
実際にどんな展示があるのか?どんな生き物がいるのかご紹介します!

館内ですが、まず展示エリアが3つに分かれています。
・瀬戸内海エリア
・太平洋エリア
・清流・湖岬エリア

(瀬戸内海エリア)
風や波も穏やかな瀬戸内海には400種もの魚類が生息しています。
このエリアでは瀬戸内海に発生する渦潮を再現しており、その渦潮の下で魚たちがどのように生息しているのか、渦潮の下、水中からのぞいた世界が再現されています。

(太平洋エリア)
四国の南側は世界最大級の海、太平洋が広がっています。
そんな太平洋はサンゴや熱帯魚も生息しダイビングショップとしても人気となっているほど。
このエリアでは、大海原を旅する回遊魚たちの遊泳行動を、四国最大となる650㎥水槽で展示しています!
大きな水槽で北太平洋海域を凝縮した豊かな世界が再現されています。
もう一つの必見なのが、アカシュモクザメの群れをしたから見上げるサメ影水槽「神無月の景」です!!
直径4.5メートルの丸窓からサメの魚影を見上げることができ、迫力満点です!

(清流・湖岬エリア)
美しいブルーの水面で仁淀ブルーで有名となった仁淀川、清流四万十川、四国最大の河川吉野川など四国には高い水質を誇る河川があります。
そんな綺麗な水環境でしか生息のしない生物たちが多く生息しています。
そんな清流で生息するアユの川から海へ下り、春から秋にかけて再びおとずれ川で暮らす半生を水辺の環境とともに再現展示されています。

このような四国の資源を再現した屋内展示エリア。
さらに屋外展示エリアでは、夕暮れの景という、イルカプールがあります。
このイルカプール、イルカが泳ぐプール越しに世界が誇る美しい多島海、瀬戸内海が広がっています!
特に夕暮れでは海の向こうに沈む夕日が絶景で、そんな絶景をバックに優雅に泳ぐイルカたちの姿がみれます!

イルカプールでは、イルカプレイングタイムというイルカのショーが11時・13時・15時の1日3回おこなわれていますので、こちらもオススメです!イルカの驚きの能力やかわいいしぐさがみられちゃいます!
1回15分ほどなので、楽しくみられますよ♪

水遊のゾーンではかわいいアシカやペンギンがみれます!
いきもののフィーディングタイムという、飼育係の解説の元食事の様子がみられるショーもあります♪
アシカ・ペンギン・カワウソ・クラゲなど様々な食事をする姿がみれます♪

そんな四国水族館ですが、「オトナの水族館」とも呼ばれそのCMが話題となりました。
私もこのCMで水族館のことを知りました。
オトナの水族館と呼ばれる理由は、、
まず館内の雰囲気!現像的な光の演出で非日常空間となっています!
期間限定で夜間営業があったり、瀬戸内海を望むサンセットデッキではビールやカクテルを飲みながら過ごすことができロマンテック♪
こんな風に大人でも楽しめる演出がいたるところにあります!

子供は、イルカやペンギン、大きな水槽などもちろん楽しめる水族館ですが、大人は大人で違った視点で楽しめるように工夫されている水族館と思います♪

水族館のすぐ近くには、ゴールドタワーという大きなタワーがあります。
ここにはボールプールや大型のバルーンプールがある子供が一日中遊べる大規模なプレーパークや
金魚・鏡・ミラーボールで演出された万華鏡をイメージした異空間アクアリウム、天空アクアリウムソラキンがあります!

なので、大人は四国水族館・ソラキン、子供は四国水族館・プレールームというように1日遊べるエリアになっていますよ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました